自己破産ローンNAVI | 自己破産ローンNAVI の口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換

自己破産後や破産者でもカードローン・キャッシング・クレジットカードの審査に通りたい方の穴場ローンを徹底比較!!

消費者金融より低金利な銀行からお金を借りる方法とは? お金を借りる8つの方法

   

pixta_6476395

銀行のカードローンのメリット

銀行のカードローンは、消費者金融と比べてみると低金利で利用できる点がメリットです。

また、多額の借入も可能となっているのも嬉しい点です。消費者金融は即日融資が可能なので、すぐに借入が行えるというメリットがあります。

しかし、低金利で借入を行いたいと希望する方には、銀行のカードローンがおすすめです。

安心してカードローンを利用したいのであれば、銀行の金利をチェックしてみましょう。

また、きちんと銀行のカードローンを比較することも失敗なく借入を行う重要なポイントです。

それぞれの銀行のカードローンによって、メリットやデメリットに大きな違いがあるので、トラブルなく利用するために事前に比較して自分に合ったものを選んでみましょう。

 

ポイントをチェックしてみよう

初めてお金を借りる方は、不安でいっぱいという方が大半です。そこで、低金利の銀行からお金を借りるためには、まず、ひとつ目のポイントとして申し込み前にメリットやデメリットを押さえておくと安心です。

きちんとメリットやデメリットを知っておくことで、カードローンを利用できる確率をアップする事にも繋がり、さらに安心して利用することができるでしょう。

2つ目のポイントは、銀行のカードローンを利用する場合には、自分がお金を借りる条件を満たしているを知ることが大切です。

20歳以上で安定した収入があることはもちろんのこと、返済能力があるかも申し込みの条件となっています。

現在、銀行のカードローンは、20歳以上の方が利用できるサービスとなっています。

その為、20歳に満たない19歳以下の方は利用することができません。

基本的に未成年の方は利用することができないので、未成年の方がお金を借りる場合は学生ローンなどを利用することをおすすめします。

3つ目のポイントは、安定した収入があることも重要になります。毎月安定して決まったお給料が入ってくるのであれば、バイトの方でも大丈夫です。

アルバイトやパートでも安定した収入があることが大切な条件となっており、条件を満たしていれば、安心して銀行のカードローンの申し込みを行うことができます。

 

申込時に必要なもの

4つ目のポイントは審査の評価が高くなる証明書の用意です。銀行のカードローンに申し込む際には、必要書類を用意しなければいけません。

まず、本人確認書類となる身分証明書が必要です。運転免許証や健康保険証、パスポートなどを用意しましょう。

その他にも源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書が必要になるので、事前に準備しておくと安心です。

5つ目のポイントは、申し込みの不備などの間違いをしないことです。申込書に記入する際のミスや添付書類の不備によって、審査が通らなかったというトラブルに悩まされてしまった方も少なくありません。

また、審査を通りやすくするために、嘘の情報を申込書に記載してしまう方もいますが、虚偽の情報によってカードローンを利用できなかったという口コミもあるので注意が必要です。

現在、店舗で申し込みをする方法だけでなく、スマホやパソコンを利用して気軽に申し込みを行うことも可能です。

スマホやパソコンを利用して申し込みを行う際には、顔写真などの画像データが不鮮明であるとマイナスです。

きちんと画像データが確認できるように送ることも大切なポイントになります。

 

申し込み方法を確認

銀行のカードローンの申し込み方法は、WEBを利用するか来店するかの2通りの方法があります。

WEBを利用して申し込みを行った場合、24時間365日自分の好きな時に気軽に申し込みが行えるのもメリットです。

運転免許証や収入証明書などを、携帯電話のカメラで撮影して画像データを送ることができるので、誰でも簡単に申し込みを行うことができるでしょう。

その後、審査を行いますが、電話かメールで結果連絡が入ります。借入する金額をこの際に決め、返済方法なども決めることになります。

現在、数多くの銀行のカードローンもあるので、口コミなどで評判のよいところを選び利用することをおすすめします。

6つ目のポイントとして、低金利でお金を借りられる信頼度の高い銀行を探すために、口コミや比較サイトなどを利用して見極めることが大切です。

 

絶対にやってはいけないこと

7つ目のポイントとして注意しなければいけないのは、複数の銀行でカードローンの申し込みを行うことです。

なかには、複数の銀行のカードローンに申し込みを行ってしまう方も少なくありませんが、複数の銀行に申し込みを行ってしまうと、担当者からはマイナスなイメージしか持たれません。

どこの銀行でも審査が通りにくくなってしまうなどのトラブルも考えられるので十分に注意しましょう。

最後に8つ目のポイントとして、自分の目的に合わせて低金利の銀行を選ぶようにしましょう。

消費者金融のメリットとして、即日融資が可能なので、直ぐにお金を借りたい方におすすめですが、銀行のカードローンは低金利なので、計画的に借入を行いたい方にうってつけです。

金利などに注目してカードローンを利用するのであれば、銀行のカードローンを利用して計画的に借りることがベストです。

低金利で借入が行えるのはもちろんのこと、大口の借入の際にも強い味方になってくれます。

しかし、借入を行うまでに時間がかかってしまうことが多いので、即日融資を希望する方には不向きです。

自分の目的に合わせて、利用する銀行や消費者金融選びを行うことをおすすめします。

実績のある厳選カードローン

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

イオン銀行フリーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.8%~13.5% 700万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
不可 300万円以上から必要 -
特徴

・金利が安い

・借りたお金は自由に使える。

・おまとめローンや借り換えにも使える!

楽天銀行スーパーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.9%~14.5% 500万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 300万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・金利が安くて負担にならない!

・月々3000円~の返済で楽に返せる

・誰にもバレないWEB完結の手続き

・おまとめにも使える低金利

・銀行系カードローンなのにブラックでも借りれた実績あり!

 - お金・借りる, カードローン, キャッシング, 低金利, 銀行系ローン

jikohasanloanNAVI