自己破産ローンNAVI | 自己破産ローンNAVI の口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換

自己破産後や破産者でもカードローン・キャッシング・クレジットカードの審査に通りたい方の穴場ローンを徹底比較!!

気になる勤続年数や職業と銀行からお金を借りるキャッシングしやすさの関係とは?

   

00070

仕事は返済能力を見る上で重要なバロメーター

お金を貸す時、銀行が重視するのは返済能力です。

この人にお金を貸して、きちんと返ってくるのかどうかを判断して貸付を行います。

それは、銀行はお金を借りたい人に貸付を行うことで、利益を得ているからであり、お金を返せない人に貸して、不利益を被ることを避ける目的があるのです。

また、無担保、保証人不要でお金を貸している場合が多い為、一番必要になるのが信頼です。

この人ならば、お金を貸しても絶対に踏み倒されることがないと思われる信頼を得るために仕事・職業が重視されます。

しかし、仕事と言っても自信を持って、貸付を受けられる職業に就いている、十分な年数働いていると言える人はそうはいないのではないでしょうか。

貸付を行う際に職業や勤続年数など、仕事に関わることからどのような判断をしているのでしょうか。

 

まず最初に確認されるのが勤続年数

銀行が貸付を行う時に重視するのが、返済能力と話をしましたが、返済能力の有無を診断するのは安定した収入があるかどうかです。

お金を借りて返済をするという流れは、収入が無ければ出来ませんし、収入がない人に貸してしまうと借りたら借りっぱなしになってしまいます。

借金が膨れ上がってどうにもならなくなったら、債務整理をして借金の減免や免除などを行うのですが、この手を毎回使われていたら銀行としても利益を得ることが出来ませんし、商売になりません。

国の貸付のように制度として行っているわけではないので、収益が見込めない相手に積極的に貸付を行うことはしないのです。

その為、まず見られるのは勤続年数です。

その会社に長く勤めているということは、会社からの信頼もあり、今後も継続して仕事を続けていけるだろうという見込みがあります。

逆に勤めて間もない場合は、仕事が合わないからと簡単に止めてしまい、収入が途絶えてしまうのではないかという不安が出てしまいますので、大抵の場合は貸付を断られる傾向にあります。

この勤続年数で断られるか通るかの境は1年と言われています。

1年未満では貸してもらえる可能性は低くなるので、最低でも1年は働くようにしておくことが望ましいです。

ただし、1年でもキャッシングは通りますが、それでも限度額を抑えられてしまうことがあるので、住宅ローンなどの大口の融資が通る境である2年以上働いておくとより安心して借りられるでしょう。

 

どんな職業であってもキャッシングは出来る

職業についても確認はしますが、銀行ではそこまで職業を重視していないようです。

勤め先が反社会的勢力であり、マネーロンダリングや犯罪行為に使われるのではないかという懸念が無ければ、どんな職業であっても貸付を行います。

例えば、風俗に勤めているような人でも、勤続年数が1年以上で安定した収入が見込めれば問題なしと考えられます。

よって、職業については余程怪しいところでない限り、どんなところに務めていてもまず問題ないと考えて良いでしょう。

とはいえ、全く職業が審査に関係ないのかと言うと、一概に言えないところはあり、公務員のようなリストラが無く安定して昇給するようなところに勤めている人は通りやすい傾向にあるようです。

次は大手の企業に勤めている人も安定した収入があると見られるので通りやすいと言えます。

逆にトラックドライバーなどの離職率の高い職業の人は安定した収入が得られないため不利になる場合があります。

ただし、どの程度の融資を希望しているのかということによって、その判断が分かれますので、どんな職業であっても返せるような少額であればそこまで気にする必要はありません。

100万や200万と大口の融資をキャッシングで希望する時に職業が関係してくるようです。

 

職業よりも雇用形態の方が注目される

職業や勤続年数について話しましたが、職業以上に注目されるのは雇用形態でしょう。

正社員として働いている人は安定した収入を見込めますが、アルバイトやパートで働いている人達は安定した収入を見込むことが難しいです。

そのため、同じ年数同じ職業で正社員として働いている人とアルバイトやパートとして働いている人と比べると、審査に通りにくいです。

仮に借りられたとしても少額であることがほとんどで、大口の融資を受けられたという人はまずいないと考えて良いでしょう。

正職員が一番借りやすい立場にあり、その他の雇用形態はハードルが上がります。

準社員や契約社員、派遣社員などは銀行によって判断が分かれるようなので、借りられるかどうか一度聞いてみると良いかもしれません。

公務員や大手に長く勤めていて正社員であるという人は、問題なく借りることが出来るでしょうが、その他の人は少し不安が残ります。

勤続年数が少ない人は特にそうでしょう。

しかし、ここで虚偽の申請をしてはなりません。

例えば、勤続年数に自信がないからと、ごまかして申請しても社会保険証などの提出を求められますので、すぐに嘘であることが分かってしまいます。

信用情報機関にも記載されていることなので、どんなに自信が無くても素直に申請した方が、通る可能性そのものを潰さずに済みます。

 

借りる先は自分の状況を判断して決めよう

職業は余程の大口でもなければ、そこまで注目されませんが、勤続年数や雇用形態が返済能力を判断する上では重要です。

もし銀行で断られてしまった人は、もうお金を借りることが出来ないと諦めるのではなく、消費者金融を当たってみるのも良いでしょう。

消費者金融の方が銀行よりは審査が緩いので、勤続年数や雇用形態に自信がない人であっても借りられる可能性は高くなります。

銀行でも、勤続年数1年未満で正職員でない人が借りられたというところはあるので、口コミや評判をよく確かめて、自分のニーズに合ったところを比較検討して決めると良いでしょう。

実績のある厳選カードローン

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

イオン銀行フリーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.8%~13.5% 700万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
不可 300万円以上から必要 -
特徴

・金利が安い

・借りたお金は自由に使える。

・おまとめローンや借り換えにも使える!

楽天銀行スーパーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.9%~14.5% 500万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 300万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・金利が安くて負担にならない!

・月々3000円~の返済で楽に返せる

・誰にもバレないWEB完結の手続き

・おまとめにも使える低金利

・銀行系カードローンなのにブラックでも借りれた実績あり!

 - お金・借りる, キャッシング, 審査, 銀行系ローン

jikohasanloanNAVI