自己破産ローンNAVI | 自己破産ローンNAVI の口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換

自己破産後や破産者でもカードローン・キャッシング・クレジットカードの審査に通りたい方の穴場ローンを徹底比較!!

生活費の借入は危険? お金を借りる前に見る消費者金融カードローンの豆知識

   

56368202

キャッシングを利用する理由

キャッシングを利用する目的は人それぞれです。合コンに参加する費用が足りなくて、欲しい洋服を見つけたから、入院のための費用が足らなくてなど、さまざまな理由で多くの方がキャッシングを利用しています。

ところが、アンケート調査などを見ると、生活費が足りなくてキャッシングを利用しているという方が大勢いることがわかります。

キャッシングを利用している人の実に半数以上が、生活費が足りないため借入をしているというです。

インターネット上の広告を見ると、「給料日まであと3万円足りない方に」、「給料日までにあと1万円あればしのげます」といった謳い文句が踊っています。

その広告文を見ただけで、いかに多くの方が生活費の補てんにキャッシングを利用しているかがわかります。

試しに、口コミをチェックしてみると、多くの方が生活のためにキャッシングを利用しているようです。

しかし、生活費が足りないための借入は危険だと言われています。それはなぜなのでしょう。

 

突発的なものと慢性的なもの

生活費が足りずにキャッシングを利用するとしても、突発的な理由で借入するのと慢性的な理由で借入するのとでは、根本的な違いがあります。

突発的な理由とは、冠婚葬祭が重なったり、家電が故障してしまい買い替えたなどがあります。

一方、慢性的な理由での借入とは、収入が少ないため必要なお金が足りないための借入です。

同じ生活費が足りないための借入でも、出費が収入を上回っているための借入は、どんなに頑張っても返済の目途が立たない借入です。

常に収入より出費が多いわけですから、返済できるわけがありません。

自転車操業的にやり繰りできていたとしても、もしそこに突発的なことが起こったらたちまち破綻してしまいます。

さらに借入を増やし、多重債務に陥ってしまうでしょう。返済のための借入をするようになれば、後は雪だるま式に借入が多くなっていきます。

そのようになる前に、対策を立てることをおすすめします。

 

低金利のカードローン

まず、生活費の無駄を見直すとともに、今利用しているカードローンを見直してみましょう。

審査に通りやすいからと、手軽なカードローンを利用していませんか?

低金利でも審査がそれほど厳しくないカードローンもあります。どのようなカードローンがあるのか一度比較してみましょう。

審査が気になる方は、同じような状況の方の評判もチェックしてみましょう。

金利が低くなるだけで、毎月支払う返済金額が確実に減らすことができます。

100万円を金利18.0%で1年借りたとすると、年間の支払利息額は18万円です。

金利が15.0%だとしたら、年間の支払利息額は15万円になります。低金利で借り入れると、このように支払う利息が減ります。

それぞれのカードローンを比較して、できるだけ低金利のカードローンに乗り換えましょう。

 

おまとめローン

低金利のカードローンに乗り換えたいけれど、すでに年収の3分の1ほど借りているので新規に借入申込みができないという方は、今利用している消費者金融のおまとめローンを利用しましょう。

大手の消費者金融会社なら、どの消費者金融会社でもおまとめローンを提供しています。

おまとめローンは、圧倒的に利用者に有利になっているため総量規制の対象外となっています。

その為、すでに年収の3分の1近い借入がある方でも利用することができます。

おまとめローンを利用すると、毎月の返済金額を減らすことが可能です。

たとえば、3社からそれぞれ50万円合計150万円の借入があった場合、適用される金利は上限の18.0%です。

13,000円ずつ支払っているとしたら、毎月の返済金額は39,000円になります。

おまとめローンで借入を1つにまとめると、それだけで金利を15.0%に減らすことができます。

毎月の返済金額も、今より減らすことが可能です。毎月の返済金額が減れば、借入を減らすことも可能になる方が多いのではないでしょうか。

 

相談窓口に相談を

借り換えもおまとめローンも難しい場合は、お客様相談窓口で相談してみましょう。

大手の消費者金融会社なら、通話料無料のフリーダイヤルを用意しているところが多く、困った時にいつでも相談することができます。

相談といっても、いきなり金利を下げてくれなどと交渉するのは逆効果です。

こちらの状況を丁寧に伝え、真摯に相談することをおすすめします。相談内容によっては、利息の支払いのみでOKになることもあります。

もちろん、利息の支払いのみでは借入残高はまったく減りませんから、生活を立て直す猶予期間ととらえたほうが良いでしょう。

猶予をもらっている間に、できるだけお金をかけずに生活できるように工夫しましょう。

借入を減らすには、まず絶対返済するという心構えが大切です。

このような状況にならないためには、キャッシングを利用する前に、返済計画を立てておきましょう。

返済しながら生活ができるかどうかチェックしてみましょう。

どの消費者金融会社でも、公式サイトに返済シミュレーションがあります。

返済シミュレーションを活用し、余裕のある返済計画を立てれば、突発的な出費があったとしても乗り越えられるはずです。

実績のある厳選カードローン

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

イオン銀行フリーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.8%~13.5% 700万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
不可 300万円以上から必要 -
特徴

・金利が安い

・借りたお金は自由に使える。

・おまとめローンや借り換えにも使える!

楽天銀行スーパーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.9%~14.5% 500万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 300万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・金利が安くて負担にならない!

・月々3000円~の返済で楽に返せる

・誰にもバレないWEB完結の手続き

・おまとめにも使える低金利

・銀行系カードローンなのにブラックでも借りれた実績あり!

 - お金・借りる, カードローン, キャッシング, 借入利用条件, 消費者金融

jikohasanloanNAVI