自己破産ローンNAVI | 自己破産ローンNAVI の口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換

自己破産後や破産者でもカードローン・キャッシング・クレジットカードの審査に通りたい方の穴場ローンを徹底比較!!

学費はどこで借りるのがいい? 教育資金不足に直面したときの5つの方法について解説

   

00001291

大学進学は意外とお金がかかる

子供が成長し、義務教育を終えて高校に入学をします。ここまでは、どうにか学費が払えたとしても問題なのはその先です。

国公立の大学へ行ってもらえればどうにかなるでしょうが、国公立は狭き門ですから希望者全員が入れるわけではありません。

私立大学の中で最も学費が安いと言われる文系でも、一年間の学費は200万円強でこれが4年間になれば900万円前後納めることになります。

しかし、大学で必要なのは学費だけではなく、初年度納付金で100万円くらいのお金を取られますし、教科書代や実習費、その他諸々かかる費用がありトータル的に見ていくと1,000万円は無ければ厳しいでしょう。

これが理系になると更に金額は嵩み、医者や薬剤師の場合は6年制なため更に学費がかかります。

通う年数が短い短大や専門学校であっても、学費は100万単位でかかってきますから、やはりまとまったお金が必要になります。

こうした場合、何処かから借りることを考えるものです

 

学費を借りる時は奨学金や国の教育ローンを先に検討しよう

子供に負担をかけさせるのは、親として許せないという場合は、やはり何処かでお金を借りる必要があります。

学費のためにお金を借りる先は、主に「奨学金」、「国の教育ローン」、「JAやろうきんの教育ローン」、「銀行の教育ローン」、「消費者金融のカードローン」の5つになります。

この5つで先に申請をしておきたいのは、奨学金と国の教育ローンです。

ひとつ目の奨学金は一番馴染みのある制度で、学費の借金と聞いて真っ先に思い浮かぶ制度ではないでしょうか。

奨学金は、学力や能力を持っていて、進学する意欲があるにも関わらず、経済的な事情で進学が出来ない人に学費を貸与するものです。

なので、成績が一定の水準以上であることを求められますし、何より子供の名義で借金をすることになるので、返済義務は大学に通う子供になります。

給付型の奨学金もありますが、その奨学金制度を取る財団などが定めた学校に通った場合にのみ給付するという指定があるため、狭き門になります。

奨学金は利息も低いので、返済が滞った結果大きく膨れ上がってしまうことはそうはないのですが、それでも収入に応じた額を毎月支払うわけではなく、収入に関係なく一律同額を返済として当てなければならないため、生活が困窮し自己破産する若者も増えてしまっているのが現状です。

正職員として働けない若者が増えているため、収入の低さが大きな問題になっています。

とはいえ、完全に子供の名義で借りているのだから、返済義務が無いと突き放すのではなく、親が一緒に奨学金を返すように援助をすれば自己破産にまで追い込まれることはありません。

返済が苦しくて結婚が出来ないという事態に陥っている人も少なくはないので、子供の将来のために二人三脚で返済をするように考えていきましょう。

奨学金制度が駄目だった場合、二つ目の日本公庫が行う国の教育ローンを検討して下さい。

こちらは、金利が1.9%とかなり低く、母子家庭や父子家庭、または所得が200万円を下回る場合は、金利が1.5%になる優遇措置があります。

奨学金とは違い教育ローンですので借りる名義は親になります。

教育ローンを受けるには、子供の人数によって所得制限がありますので、所得を上回らないかどうかを確認して申し込むと良いでしょう。

 

奨学金も国の教育ローンも無理ならば民間を頼ろう

奨学金や国の教育ローンは返済の負担が割合少ないのですが、それでもいろいろと制限に引っ掛かり借りられないこともあります。

三つ目のJAやろうきんの教育ローンは、金利が低めに設定されており、国の教育ローンで審査に引っかかってしまっても、こちらならば、加入条件が厳しくないため、ローンを組むことが出来る可能性が高くなります。

国の教育ローンでは、教育資金融資保証基金への加入か連帯保証人を立てる必要があるのですが、JAやろうきんの保証機関を自動的に利用する仕組みになっているため、保証人は不要になります。

ただし、国の教育ローンに比べると金利はそこまで安くはありません。

それにJAやろうきんの会員であることが条件になりますので、ハードルはやや高めかもしれません。

四つ目の銀行の教育ローンは、金利が高めに設定されており、誰でも審査を受けることが出来るのが利点ですが返済額は奨学金や教育ローンの中では一番大きくなります。

据え置き期間という利息だけを払えば良い期間を設けていることもあり、これを利用してしまうとかなりの額を銀行に払うことになってしまいます。

これは、なるべく利用せずに元金を支払うようにしていきましょう。

いずれの教育ローンも無理だった場合に考えるのが、五つ目の消費者金融系カードローンです。

即日審査で融資を受けられることが利点ではありますが、金利がかなり高いのでおすすめ出来る方法ではありません。

例えば、銀行の教育ローンで支払われるまでの間だけ借りたいという時に利用し、無利息期間のあるところを選べば、純粋に借りた分だけ全額返済すれば良いのでこういう使い方は良いでしょう。

長期的に借りる場合は、奨学金以上に自己破産の可能性が高くなるので止めた方が無難です。

 

学校に通うためにより良い方法を模索しよう

義務教育が終わると、学費にかかる費用は膨大になります。子供の幸せを願って親の義務を果たしたいと思っても、なかなか現実と見合わずに、子供に負担をかけなければならない状況は出てきてしまいます。

そういう時は素直に子供と相談をし、どうすれば大学へ行けるのかを話し合って決めていくことも親として大事なことです。

何処かから借りる時は、口コミなどを利用して、今の自分達のニーズと合う場所を選んでいくようにしましょう。

実績のある厳選カードローン

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

イオン銀行フリーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.8%~13.5% 700万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
不可 300万円以上から必要 -
特徴

・金利が安い

・借りたお金は自由に使える。

・おまとめローンや借り換えにも使える!

楽天銀行スーパーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.9%~14.5% 500万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 300万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・金利が安くて負担にならない!

・月々3000円~の返済で楽に返せる

・誰にもバレないWEB完結の手続き

・おまとめにも使える低金利

・銀行系カードローンなのにブラックでも借りれた実績あり!

 - お金・借りる, カードローン, キャッシング, 教育ローン

jikohasanloanNAVI