自己破産ローンNAVI | 自己破産ローンNAVI の口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換

自己破産後や破産者でもカードローン・キャッシング・クレジットカードの審査に通りたい方の穴場ローンを徹底比較!!

借り換え目的でのカードローンで審査が甘い消費者金融や銀行系カードローンを大公開!!

   

Credit cards close up

借りたは良いが利息が辛いというケースも

キャッシングを希望している時、慣れた人ならば、自分により良い会社を探してお金を借りることが出来るでしょうが、借りた経験が無い人や不慣れな人は借りる場所を厳選することが出来ません。

そのため有名なところや近場の消費者金融を頼り、あまりしっかりと吟味をせずにキャッシングしがちです。

しかし、借りた直後は良いのですが、問題は返済が始まってからです。

月々にかかる金利が想定外に高くて返済が出来るかどうか見通しが怪しくなってきた、というケースも実は珍しくないのです。

そのため、キャッシングを行う時は、完済までを見越して借りる必要があるのですが、金融機関からお金を借りる時というのは、そこまで余裕を持って事に当たれない場合が多いです。

その結果、後々苦労をするということになってしまいがちなのですが、こんな状況であっても、やり方次第では毎月の返済を楽にすることが出来ます。

 

債務整理をする前に借り換えで現状打破出来る可能性も

借りた金融機関の金利が高くて、どうしても返済の目処が立たなくなりそうな時、金利さえ下がればどうにかなりそうだという場合は、債務整理を検討するよりも借り換えを検討した方が良いかもしれません。

借り換えは、今お金を借りている先から別の金利の低い会社に借金を移すことで、負担なくお金を返済することが出来る仕組みで、借金が何社にも渡る人は、一箇所にまとめての返済が出来るようになります。

一箇所にまとめたいところから、完済出来るだけのお金を借りて借金を減らし、今度は返済のために借りたところで借金を返していくのです。

金利は何処も一律ではなく、法に定められた範囲で、各社が自由に金利を設定していますから、複数の会社から借りてしまうと、高かったり低かったりと金利がばらばらで結局、高く付いてしまうということにもなりかねません。

複数から借りている人は、金利の支払いが一定になってしまえば、払う利息が安くなりますし、逆に金利の高さが苦痛な人は、金利が低いところで返すようにすれば、債務整理を行わなくて済むかもしれません。

このような借り換えのサービスを行っているのは、消費者金融や銀行系カードローンも行っています。

消費者金融か銀行か、どちらが良いのかは、なぜ借り換えが必要なのか原因をよく考えて比較してみると良いでしょう。

 

消費者金融の場合

そうは言っても借り換えをする時も審査があります。ただでさえ返済がきつくて仕方が無いのに、審査で落とされてしまったらという不安を思うと、出来る限り審査は通りやすいところが良いのは、誰しも考えることです。

消費者金融で借り換えを行っているところで審査が甘いのは、アコム、アイフル、プロミスの3社です。

いずれも、おまとめや借り換え専用のローンがあり、借り換えに積極的です。

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンは、限度額が300万円で、総量規制の対象外になるローンです。また、借り換えが目的であるため追加融資は行えません。

多重債務者を対象にしていることから、審査は普通のローンよりも柔軟で、年収や信頼情報などに自信が無い人でも、融資を受けられたという口コミがあるくらいです。

アイフルは、限度額を500万円に設定していてアコムよりも高く、余裕を持った借り換えが可能ですが、アイフルを初めて利用する人が対象となるため、利用したことがある人は対象になりません。

こちらも総量規制にかからないキャッシングが出来、積極的に借り換えを推奨しているので、アイフルを利用したことがない人ならば、審査は通過出来る可能性は高いでしょう。

プロミスは限度額が500万円で、こちらも総量規制の対象外になっています。

アイフルのように初めての人と限定されているわけではないので、利用している人でも安心して借りることが出来ます。

いずれも即日融資が可能なので、一刻も早くどうにかしたいという場合には良いかもしれませんが、金利は17.5%前後と高いので、18%を超えるところから借りている時や、銀行では難しいと判断される時に利用を検討した用が良いかもしれません。

 

銀行系カードローンの場合

銀行と言うと審査が厳しくなる印象がありますが、借り換えの場合は、意外と審査が通りやすいというメリットがあります。

何故かと言えば、お金を借りるというと大体の人が消費者金融を思い浮かべ、そこから借金をするからです。

消費者金融からお金を借りている人が多いということは、その他からカードローンを組むことが少ないため、銀行は消費者金融の顧客を狙っています。

その他、借り換えについては積極的に行っているところがあり、大きな問題が無ければ、審査は比較的通りやすくなっています。

その中でもおすすめなのが、住信SBIネット銀行、みずほ銀行、オリックス銀行のカードローンです。

住信SBIネット銀行は対象が限定的になってしまいますが、金利の低さに定評があります。

金利が1.89%から7.99%は魅力的で、限度額が1000万なので高額の借金を抱えている人には良いでしょう。

ただし、信頼情報に問題があったり、年収が低かったりと消費者金融ほどは甘くないので、収入がそれなりにあって借金以外に問題がない人は、通過出来ると考えておいた方が良いかもしれません。

みずほ銀行は、金利の上限がコースによって異なり、最大金利がどの程度になるかは審査によって判断されます。

最大金利は14%で、コース次第ではその半分の7%となります。

限度額は1,000万円で住信SBIネット銀行と比べると条件が緩いため、借り換えのためにお金を借りやすい銀行と言えるでしょう。

最後のオリックス銀行は金利が3%から17.8%と高額ですが、限度額が高くなればなるほど、金利が一気に下がっていくので、高額の借金を抱えている人には使い勝手の良いカードローンです。

限度額は800万円と上記2つに比べれば少ないですが、消費者金融や他の銀行で審査落ちした人でも通ったという口コミは多いので、そこまで警戒をする必要はなさそうです。

いずれも審査はそこまで厳しくありませんが、消費者金融と比べるとやはり厳しい傾向にはあります。

借り換え以外で何も問題が無く、正社員として働いて、安定した収入を持っている人は返済に問題が無いと見なされることが多いので、チャレンジをしてみると通る確率は高くなるでしょう。

どの銀行にも言えることですが、借り換えを行う前に銀行で口座を作っておくと、ローンがスムーズに組めます。

口座がないと同時進行で作ることになりますので、手続完了までに時間がかなりかかってしまいますから、銀行を検討している場合は、先に口座を作っておくことをおすすめします。

 

安易に債務整理をせず出来る限り借り換えで返済を目指そう

借り換えを行うことで返済が可能であるのならば、債務整理は行うべきではありません。

債務整理をすることで返済がしやすくなったり、借金そのものが免除になったりとメリットは大きいですが、その分デメリットも大きいです。

債務整理をすることで、ブラックリストにその情報が5年から10年の間乗り続け、再び借り入れることが出来なくなってしまいますし、クレジットカードを作ったり使ったりすることも出来なくなります。

自己破産をすれば10年の間その状態で、現金だけで何でもしなければならなくなるためしなくて良いのならば、しないに越したことはありません。

何処でまとめると一番良いのかをよく考え、自分にとって最も返しやすいところを選ぶようにしましょう。

実績のある厳選カードローン

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

イオン銀行フリーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.8%~13.5% 700万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
不可 300万円以上から必要 -
特徴

・金利が安い

・借りたお金は自由に使える。

・おまとめローンや借り換えにも使える!

楽天銀行スーパーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.9%~14.5% 500万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 300万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・金利が安くて負担にならない!

・月々3000円~の返済で楽に返せる

・誰にもバレないWEB完結の手続き

・おまとめにも使える低金利

・銀行系カードローンなのにブラックでも借りれた実績あり!

 - お金・借りる, カードローン, キャッシング, 審査, 消費者金融, 銀行系ローン

jikohasanloanNAVI