自己破産ローンNAVI | 自己破産ローンNAVI の口コミ・評判/審査/申込/金利/返済/借換

自己破産後や破産者でもカードローン・キャッシング・クレジットカードの審査に通りたい方の穴場ローンを徹底比較!!

任意整理をする前に必読! 任意整理のメリットやデメリットなど具体的な方法を解説

   

76910564

状況を考えずに自己破産を選択するのは危険

借金の取り立てが辛くて仕方がない、どうにかして借金を軽減する方法はないか、支払いを遅らせる方法はないかなど、支払いに余裕が無いといろいろなことを考えます。

こんな時に考えるのが債務整理ですが、この方法にもいろいろと種類があり、ひと口に言っても状況次第では選択肢が変わってくることもあります。

債務整理で一番知名度が高いのが自己破産ですが、もし返せる余地があってこれを選んでしまうと、デメリットの方が大きく完済の可能性を完全に潰してしまいます。

自己破産は、借金そのものを帳消しにして払う必要のない状態にすることですが、これを行ってしまうと、個人の資産があっても規定以上には手元に残せずに差し押さえられてしまいますし、官報に載ったり、個人情報機関に登録をされて10年間新たに融資を受けることが出来なくなったりと、安易に行うと後の生活が脅かされる可能性も低くはありません。

なので方法は慎重に選ばなければならないのですが、大抵の人が一番最初に選ぶのは任意整理です。

 

任意整理とは?

任意整理とは、裁判所を通さずに返済が厳しい人の代理人として、弁護士や司法書士が借りた先と、毎月無理なく返済しやすい金額に分割するよう交渉する方法です。

個人再生や自己破産の場合、裁判所を通さなければならないのですが、任意整理の場合は、裁判所の判断が必要ではないので、代理人と債権者の間だけで話を完結することが出来ます。

任意整理をする時は債務者に安定した収入があることが条件となります。つまり、借金を返せる見込みがあることが条件ということです。

この整理を行っている時に、利息を払い過ぎていたら、その分の利息が返還される可能性が出てきますし、高い金利で払っていたのならば、その後の返済はその分を差し引いた金利での支払いになるので完済がしやすくなります。

どの方法を使うのかは、借入額や借り入れた先によりけりですから、自己判断で整理する方法を決めるのではなく、弁護士や司法書士と相談をすることをおすすめします。

司法書士の場合は、認定司法書士でないと任意整理が出来ないのですが、認定司法書士であっても出来ることに制限が出てきますので、出来れば弁護士にお願いした方がスムーズに手続きが出来る可能性が高くなります。

 

任意整理のメリット

任意整理を行うことで良いことは、弁護士や司法書士に依頼をした時点で請求がストップすることです。

交渉中は支払いの請求が来ないため、この間に返済計画を改めて立て直すことも出来ますし、生活も借入をする前の状態に一時的に戻りますから、精神的にも安定します。

借入額も減額をされたり、利息も無くなったりと、交渉次第で払いやすい条件に整えることが出来ます。

過払い金の請求についても同様に行うことが出来ます。

額面については債権者との交渉次第で決定しますので、実績のある腕の良い弁護士や司法書士にお願いするとより、有利に返済が出来るようになるでしょう。

任意整理は裁判所を通さなくて良いため、官報に載る心配がありません。

官報を細かくチェックしている人は少ないでしょうが、それでも借金で債務整理をしたという記録が残っていると、何処で人の目に触れるか分からないので嫌なものです。

任意整理は借りた先と個人的に交渉をし、和解するのが目的ですので、官報に載せる必要が無いのです。

なので第三者に任意整理を行ったことを知られてしまう心配がありません。

弁護士や司法書士には守秘義務があるため、そこから漏れる可能性は限りなく低いと言えるでしょうから、第三者に知られる可能性はほとんど無いと安心して構いません。

 

任意整理のデメリット

任意整理を行うことで官報に記載されることは無いのですが、その代わり信用情報機関に任意整理を行ったという記録がされてしまいます。

これは俗に言うブラックリストのことで、ここに5年から7年ほど記録されてしまうため、この情報が消えるまでの間は新規の借入やクレジットカードの利用、ローンを組むことが出来なくなります。

当然新規にクレジットカードを作ることも出来ません。また、任意整理は個人間の話し合いであるため、強制力が無く、裁判所を通す手続きとは違って強制的に借金が全額、もしくは一部が免除になるわけではありません。

利息制限法に基づき話し合いにて、過払い金の請求や過払い金を現在の借金と相殺して借金の減免に繋げるなどのことをするため、交渉に失敗する可能性もあるということです。

悪徳業者、つまり闇金のようなところは話し合いに応じないことがあるため、任意整理を行わないばかりか請求が止まることもないかもしれません。

この時は専門家の指示に従って対応を考えるしか無く、任意整理以外の方法を考えておく必要があります。

そして、任意整理を行ってしまうと、ブラックで無くなったとしても行った先からの融資を断られる可能性が非常に高くなります。

信頼を会社から失っている状態ですので、新規の借入はまず出来ないと考えておいた方が良いでしょう。

 

先のことよりもまずは問題を解決することが重要

任意整理を行うことでデメリットはありますが、それでもメリットの方が格段に大きいと言えます。

ブラックリストに載ってしまったとしても、何処の消費者金融からも一切借りられないわけではないので、まずは目の前の借金をどうにかすることを考える方が無難です。

ただし、状況によって任意整理をした方が良い場合と、他の債務整理を行った方が良い場合がありますので、現状をもう一度確かめて他の債務整理と比較をして、何が一番良い方法なのかを専門家と相談していくと良いでしょう。

実績のある厳選カードローン

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

イオン銀行フリーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.8%~13.5% 700万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
不可 300万円以上から必要 -
特徴

・金利が安い

・借りたお金は自由に使える。

・おまとめローンや借り換えにも使える!

楽天銀行スーパーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.9%~14.5% 500万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 300万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・金利が安くて負担にならない!

・月々3000円~の返済で楽に返せる

・誰にもバレないWEB完結の手続き

・おまとめにも使える低金利

・銀行系カードローンなのにブラックでも借りれた実績あり!

 - 任意整理, 債務整理

jikohasanloanNAVI